ライターの捨て方、保管の仕方について|卸スタジアム(販促品及び業務用雑貨の総合卸売通販サイト)

ビニール傘

マスク

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
定休日
臨時休業
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
定休日

営業時間 / 9:00〜17:00

営業時間外・休業日には商品の発 送・お問い合わせの返答ができま せんので、予めご了承ください。

ライターの捨て方、保管の仕方


ライターの捨て方、保管の仕方について


ライターの安全を保つための対策について

手軽に火をつけることができるライターは、便利な反面、
製品の安全性が確立されていなければ、
重大な事故や火災につながるこわいものでもあります。

そのため、ライター業界においても、
安全やPL(製造責任)のためのさまざまな対策がとられています。

 

Qマーク

ライターの捨て方



Aマーク

不要になったライターを、ガスが入ったまま処分するのはとても危険です。
必ずガスを抜いてから、自治体のルールに従って処分しましょう。


!! 個人の責任において作業を行ってください
!! ガス抜きは、風通しがよく、火の気や可燃物がなく、
   直射日光が当たらない屋外で行ってください
!! 作業中は、ガスを吸い込まないよう風上に立ってください
!! ガスが室内に入らないよう、窓を閉めてください


1 ライターを着火し、着火レバーを押したまま火を吹き消す
  !! 火を吹き消すときに、服や髪の毛に引火しないよう注意


2 着火レバーを押した状態で、元に戻らないよう
  輪ゴムや粘着テープでしっかりと固定する
  !! もしもレバーが元に戻ってしまったら、落ち着いて1からやり直す
     慌ててレバーを押すと、引火する可能性あり

 

3 シューという音が聞こえていれば、ガスが抜けている
  !! 顔は近づけないこと

 

4 そのまま2〜3時間置く
  !! ガスは出ている状態なので、引き続き、火の気やガスの吸引に注意する

 

5 輪ゴムや粘着テープをはずす

 

6 2〜3回着火テストを行い、火がつかなければ作業完了

 

 

Qマーク

ライターの保管



Aマーク

ライターには高圧ガスが入っていて、取り扱いを間違えると大きな危険を招きます。
正しく保管して、不慮の事故を防ぎましょう。

 

1 子どもの手の届かない場所に置く
2 車内に置きっぱなしにしない
3 直射日光の当たる場所に放置しない
4 50℃以上になる場所に置かない
5 ライターの保管場所を決め、個数を把握する



 



【お問い合わせについて】

 

その他ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問合せください。
お問い合わせのご返答は平日9:00〜17:00(土・日・祝日・ゴールデンウィーク、年末年始等は除く)
の順次ご回答となります

お問い合わせ先
お問い合わせ先電話とFAX お問い合わせ先email
返品 TOPへ戻る